JMS OKAYAMASDGsジェームス岡山のSDGs

ジェームス岡山はコンプライアンスを遵守し、
オープンでフェアな企業活動を通じて
信頼される企業を目指します。

2024年(1月~12月)とその先のミライの目標

ペーパーレス化の促進

安心・安全なカーライフ提案と
社会のインフラ整備

安心してドライブしていただく為に
点検を増やし、車両整備への
啓蒙活動追加販売を行います。

お客様により安心してお車に乗っていただくため、スタッフ全員が自分事としてして取り組み、入庫車両の受付時や接客時などにお声かけをして案内します。

対象ゴール
  • すべての人に健康と福祉を
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
2024年1月〜12月の目標値

前年カーケア10検(2023) 10件予定

→目標 月10件(目標は四半期での見直し)

消費電力削減・節電取り組み

消費電力削減・節電取り組み

スタッフ全員に意識づけをして
消費電力量削減での
経費削減二酸化炭素排出量
の削減
を行う。

お客様の不快にならない程度に設定温度を昨年度より高く・低く夏・冬プラスマイナス1℃にし、退社時間を早める・出社時間を遅くするように全スタッフにこまめな呼びかけます。

対象ゴール
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 13気候変動に具体的な対策を
2024年1月〜12月の目標値

2023年消費電力(予定) 241,000kwh→約3%削減目標 233,770kwh

取り組み結果
(2021年10月〜2022年9月累計)

  • ペーパーレス化の促進

    ペーパーレス化の促進

    累計 45,000枚

    前年度 5,000枚削減 40%削減

    前年同時期 累計 50,000枚

  • レジ袋の使用量削減バイオマス原料25%以上使用のレジ袋を使用

    レジ袋の使用量削減
    バイオマス原料25%以上使用のレジ袋を使用

    累計 1,777枚

    前年度 986枚削減 約35%削減

    前年同時期 累計 2,763枚

その他にもSDGsの
取り組みを行っています。

項目 対象ゴール 取り組み内容や目標設定
人財育成
  • 4質の高い教育をみんなに
  • 5ジェンダー平等を実現しよう
  • 8働きがいも経済成長も

・Eラーニング(T-パレット)により全スタッフ同じカリキュラムにて業務習得
・ピット検定取得による働き甲斐

オイル交換作業
web予約
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11住み続けられるまちづくりを

・web推進により電話での作業予約の工数削減

廃棄物適正処理
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 12つくる責任つかう責任

・可燃物 不燃物の分別 タイヤ・オイル・バッテリー等の適正処理

油水分離槽保守
  • 6安全な水とトイレを世界中に

・油水分離槽の定期点検と清掃

従業員の
ワークライフ
バランスを充実
  • 3すべての人に健康と福祉を
  • 8働きがいも経済成長も

・年間休日の完全取得
・有給休暇5日以上の計画的付与

健康促進
  • 3すべての人に健康と福祉を

・定期健診 インフルエンザワクチン費用の一部負担

信頼される
企業を目指して
  • 16平和と公正をすべての人に

・コンプライアンスの徹底

グループ各社のSDGsの
取り組み紹介

社会への貢献、SDGsへの貢献とその挑戦を
通して、
自分たちの会社が、社会の一員として、
もっともっと誇れる
会社であることを目指し、CSR / SDGsへ取り組みます。